タイトルロゴ集

トップページへ

初代:2003.1.27-29
とにかく一番最初、記念すべき第1号。
井上四郎太夫さんの屋根です。
これを見た人は少ないでしょう。
2代目:2003.1.29-2.23
雪だるまはつれあいがつくったもの。
この時からつれあいがタイトルロゴのデザインをしています。
3代目:2003.2.23-4.6
今年初めて見かけたフキノトウ。
やっぱりシカに食べられてしまうのでしょうか・・・・。
4代目:2003.4.6-5.11
だんだん縦長になってるなぁ・・・・
写っているのはマンサクの花。
椋川の人曰く「春に真っ先に咲くから」
5代目:2003.5.11-6.22
さらに大型化!
どこまで大きくなるのかなぁ・・・
ニガイチゴの花です。
山の斜面にたくさんはえています。
6代目:2003.6.22−7.27
梅雨と言えば紫陽花。
コアジサイです。
甘い良い香りがします。
7代目:2003.7.27−2004.1.4
雨の日に雑木林を散歩していたら、枯れ葉の下から傘をさしていました。
で、これに更新しようと思ったら、いきなり梅雨明け。
季節と合わないけど、せっかく作ったし、いいですよね。
8代目:2004.1.4−3.27
三四郎さん(屋号)の離れの屋根です。
離れがカヤ葺きなのはもうこの1軒だけ。
寒そうなロゴになりました。
9代目:2004.3.27−
去年、梅の実をたくさんとった木の花です
膨らんだつぼみが柔らかそう!あったかそう!
10代目:2004.5. −
田んぼの畦で休憩していると、どこからともなく飛んできて、一生懸命卵を産んでいました。
初めて昆虫がロゴになりました。
11代目:2004.9.26−2005.2.3
このトカゲ君も我が家の住人。
天気の良い日は玄関先で日光浴?をされています。
12代目:2005.2.3−2005.8.30
節分の飾りです。
家の出入り口に飾ります。
13代目:2005.8.30−
床几<しょうぎ>明治22年に製作されました。
盆踊りの踊りのまん中に据え付けられ、音頭取りや鳴り物の人が陣取る。
今年(2005)約30年ぶりに復元、復活。